ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



アレキサンドライト



HOME 血液検査 漢方薬(選び方)
漢方医学 色彩療法



アレキサンドライト
ALEXANDRITE
金緑石(クリソベリル)の変種で、1842年にウラル(Ural)山地で発見されたもので、クロムを含有する為、昼光下では緑色、白熱灯下では赤色を呈するという不思議な性質を持つ。
時のロシア皇帝にちなんでアレキサンドル石と命名された


クリソベリル(Chrysoberyl)


硬度81/2
ギリシャ語のchrysos(金の意味)と化学成分のberyllosから。
アジアでは“悪魔の眼”から守ってくれると評価されている。
アレキサンドライトとキャッツアイ の2種類がある




アレキサンドライトの応用

人生を好きになれない。

・性の充実。

・生きることへの愛を刺激



 D・L・メラ
「性エネルギーの刺激」

「ブルーグリーンの色を放つ昼間は、幸福と幸運、成功を刺激する」。

「赤くなる夜間は、もっと官能的になり、温かく愛を増す」。

「遊び方を知らない人にとって支えになってくれる」





関連情報 結晶」「宝石療法色彩療法」「栄養療法」「音楽療法」「漢方薬




ブログ解説TOP広告TOP病院ランキング血液検査