ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。   

  • 安息香酸




HOME ブログ  治るコム  健康診断 病名(症状 血液検査 医薬品


ベンゼン


安息香酸
(あんそくこうさん、英:Benzoic acid)
=C762


芳香族化合物でカルボン酸の一種。
  • 細菌やカビの生えるのを防ぐために食物保存剤として広く使用される化合物。
  • 肝でグリシンと結合し馬尿酸として排泄される。



ベンゼンの水素原子1個がカルボキシル基に置換された構造を持つ。





抗菌作用があるので、
  • 水溶性のナトリウム塩
  • 安息香酸ナトリウム(Sodium Benzoate)
、などは清涼飲料等の保存料として添加されている。


(合成)
〇炭化水素の1つであるトルエンを商売を使って酸化すると、医薬品の原料になる。触媒に白金を使うので、高価になる。

〇白金を使わない、新しい触媒を、東京工業大学の田辺真特任准教授と山元公寿教授らが開発した。
研究チームは、サブナノサイズの酸化銅の粒子を合成し、酸化反応の触媒に用いた



(サリチル酸)
  • 安息香酸のカルボキシル基に対してオルト位の水素原子がヒドロキシ基に置換されると、サリチル酸(C763)となる。



 安息香(ベンゾイン)は

香料として用いられる樹脂の一種であり、この中に安息香酸のエステルが多いことからこの名がとられた。


安息香は芳香性の臭気と味覚を持つバルサム樹脂。













    
ドクトルアウン         ツムラ番号
治るコム よく使う漢方薬
ブログdraun 漢方薬(症状別)
呼吸 針灸
自殺 音楽療法
突然死 栄養療法
死因 くすり一覧


 Copyright(C) 丸美屋和漢薬研究所 All Rights Reserved