ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    

  • ベルガモット

HOME ブログ  治るコム  健康診断 病名(症状 血液検査 医薬品






Monarda didyma

Bergamot、bee balm、Oswego tea

タイマツバナ
使


葉・花・精油。
精油は果実の皮を圧搾するだけで得られます。

精油の活性成分:
酢酸リナリル
リモネン
リナロール
タンニン酸






ベルガモットの効能効果
鎮痛・鎮静・鎮痙作用がある。

<1>抑鬱作用:
  1. フレッシュで強い香りがし、高揚効果がある。
    • 最高の抗ストレス精油です。

  2. 緊張しやすい人
  3. Lラベンダー
  4. Lゼラニウム

<2>不安症:
  1. 神経性食欲不思に有効。
  2. 強迫観念にとらわれて、食べ過ぎる人に有効。

<3>泌尿器管の感染症
  1. 膀胱炎(頻発性)
  2. 尿道炎
  3. 膣掻痒症

<4>おでき・・・・温湿布する。

<5>熱っぽい症状の時に冷却効果がある。

<6>イヌ・ネコを植物に近づけないよいうにする。

<7>顔面ヘルペスを起こす単純疱疹T型ウイルスを抑制する。

<8>帯状疱疹の痛みを緩和する。

<9>スキンケア

注意
  1. ベルガモットは日光に対する皮膚の感受性を増大させる。(数日間続きます)
  2. 未稀釈のまま肌の露出している部分に使用不可


参考
  1. アロマセラピストは
    • この精油を抑鬱状態の特効薬とみなしている。
    • 又、体の抗菌力を強める効果がある
  2. アロマセラピーに用いるのはミカン科のベルガモットオレンジである









    
ドクトルアウン         ツムラ番号
治るコム よく使う漢方薬
ブログdraun 漢方薬(症状別)
呼吸 針灸
自殺 音楽療法
突然死 栄養療法
死因 くすり一覧


 Copyright(C) 丸美屋和漢薬研究所 All Rights Reserved