ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。   

  • 脱水症




HOME ブログ  治るコム  健康診断 病名(症状 血液検査 医薬品




 関連情報
熱中症
スポーツ障害
高熱
夏バテ
突然死
窒素
 










脱水症
dehydration

脱水症とは?

体液の不足した状態を脱水症と呼ぶ

体液に含まれるのものには水分電解質がある。」

体の水分だけでなく、ナトリウムやカリウムといった塩分(イオン)も同時に失ってしまう。そこで、脱水症状になると、病院では点滴で失った水分やイオンを血管に直接入れて補給していた→「突然死

よく似た症状に「高山病」がある

脱水症状をチェックしましょう
  • ・手の甲の皮膚をつまんで離すと、すぐに戻らない
  • ・血管が細くなっている。


(第1段階)
  1. ノドの渇きを強く感じる
  2. 尿の量が減った
  3. 夏でもワキの下が乾燥している
    • そこで、舌をチェック。
    • 乾燥していると脱水と判断しましょう
  4. 便秘しがちである


(第2段階)
  1. 皮膚がカサカサしてきた
  2. 口のなかが渇く
  3. 立ちくらみがある
  4. ツメを押したときの白化がみられない


(第3段階)
  1. 食欲が低下してきた
  2. 目が落ちくぼんできた
  3. 泣いているのに涙がでない(乳児の場合)


(第4段階)
  1. 頭痛・めまいがする
  2. 強い脱力感がある
  3. 意識がもうろうとしてきた







脱水症の種類
(高張性脱水症)
(hypertonic dehydration)



水欠乏(water depletion)ともいいます

高張性脱水症:
  • 水の欠乏のほうが電解質の欠乏より顕著に多いと、体液は高張となる

(原因)
  1. 水分を与えないとき
  2. 昏睡などで水を摂取しないとき
  3. 高度の発汗
  4. 多尿


(症状)
  1. 口渇がある
  2. 乏尿
  3. 衰弱感
  4. 舌が乾燥する(口乾
  5. 精神障害を起こす
  6. 血清Na値の上昇

(治療)
(低張性脱水症)
(hypotonic dehydration)



食塩欠乏(salt depletion)ともいいます

低張性脱水症:
  • 水の欠乏のほうが電解質の欠乏より顕著に少ないと、体液は低張性となる


(原因)
  1. 水と電解質を失って、しかも水だけが補充されて起きる
  2. .嘔吐
  3. 下痢
  4. 消化管瘻孔などから消化液喪失
  5. アジソン病
  6. 慢性腎不全

(症状)
  1. 口渇なし
  2. 乏尿は著しくない
  3. 倦怠感
  4. 立ちくらみ
  5. 嘔吐
  6. ケイレン
  7. 低血圧
  8. 血清Na値が低下
  9. NPN(残余窒素)上昇

(治療)







 NPN(nonprotein nitrogen)
  1. 血液・尿・組織などに含まれるタンパク質以外の広汎な小分子窒素の総称で、普通のタンパク沈殿剤では除去されずに残るN化合物の一群をさします。
  2. 残余窒素とか非タンパク性窒素ともいいます
  3. 正常値:
      総NPN(25〜37mg%)
      尿素N(9〜15%)
      クレアチンN(1.0〜1.6%)
      尿酸N(0.8〜1.5%)
      アミノ酸N(5〜7%)
      クレアチニンN(0.6〜0.8%)
      アンモニアN(0.1〜0.2%)
  4. 健常人でも、多量のタンパク質を摂取した場合、40〜45mg%に上昇することがある


(経口補水療法)
  • いまでは、軽度〜中程度の脱水症には、口からイオンがはいった水を飲ませる経口補水療法が一般的になってきた。「飲む点滴」とも呼ばれている。
  • スポーツドリンクとの違い・・・
  • 経口補水療法に使う水「経口補水液」(ORS)は、吸収を良くするために、スポーツドリンクとは逆に、ナトリウムの濃度を少し上げ、ブドウ糖などの糖分を低めにしてある。
  • WHOがORSの基準を作っている。
  • 日本では2004年、「オーエスワン」(OS-1)が最初に認可された。


高齢者
  • 高齢者の場合、脱水症状を引き起こしているとき、症状が無くても心筋梗塞を起こしていることは珍しくない





ダイエット中に水分を制限したため、脳梗塞になった
脳梗塞は
ダイエット中に運動したり、サウナに入ったりして、多くの水分が体内から奪われ、脱水状態になったときにおこりやすい。

水分が血液から失われると血液が固まりやすくなる。

水分を体外に出すことで起こる体重の減少が、体重の3%を超えると危険ゾーンに入るとされる。

たとえば、体重60kgの人の場合、1.8gぐらいの水分を体外に出すと、脱水症状がすすみ、血栓ができる場合がある。

5%を超えると熱中症で深刻な事態になる。


ダイエットには利尿効果の高い(硬度が高い)ミネラルウォーターを選んで飲む方がよい。
   朝起きたとき
   三度の食事
   風呂の前後(前後が大切ですよ)
   就寝前
にコップ1杯ぐらいのミネラルウォーターを飲む。


血液中のブドウ糖濃度が低下すると、脳の摂食中枢が刺激されて空腹感を覚える。このとき、コップ1〜2杯の水を飲むと、胃液が薄められて、胃の酸性度が下がり、脳に満腹の信号が間違って送られる。
水を定期的に飲むことで、過剰な食欲や過食が自然に抑えられ、肥満を予防できる。
この水飲みダイエットの科学的根拠がドイツ栄養研究所のM・ボッシュマン博士によって最近明らかにされた。
(藤田紘一郎・人間総合科学大学教授)






熱中症

スポーツ障害

高熱

夏バテ

突然死


窒素










    
ドクトルアウン  ツムラ番号
治るコム よく使う漢方薬
ブログdraun 漢方薬(症状別)
呼吸 針灸
自殺 音楽療法
突然死 栄養療法
死因 くすり一覧


 Copyright(C) 丸美屋和漢薬研究所 All Rights Reserved