ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。   

  • できもの(おでき)




HOME ブログ  治るコム  健康診断 病名(症状 血液検査





できものに用いる漢方薬
■越婢加朮湯
  1. 京師丸田街、刀屋平八なるもの、壬午の秋、左足に疔を発す。瘍醫(=外科医)、之を治す。後更に肉莖を生じ、その状蛭の如し。刀を用いて截去す。痛むところ知ることなし。随いて截れば、随いて長ず。明くる年、別に復疔を発す。治するときは初の如く、爾後、歳を以て常となす。肉莖を生ずるもの凡そ五條。上下参差、垂れて脛上に並ぶ。衆醫、その故を知ることなし。薬を進めるも亦、皆效なし
    《吉益東洞》先生の曰く、「我れも亦、その因るところを知らず。然かれども其の之を治するに至りては、豈能わざらんか」と。因って之を診す。心胸微煩し、時ありて、水を飲まんと欲す。脚殊に濡弱。越婢加朮湯及び伯州散をつくりて之を飲む。時に梅肉散を以て之を攻めること数日、莖皆脱下して癒ゆ。《建珠録》
  2. 《井觀醫言》より
    ずっと以前のことである。会津の荘司某の母は、右の鎖骨の下と左の乳房の上下とに、塊りが突起した。その大きさは、小形の瓶の如きものと杯位のものであった
    局部の皮膚は淡紅色になり、これを押してみるとあたかも脂肪性の瘤に様な感じがした。時々痛みが起こって、堪えかねるようなこともあり、全身に微かな浮腫を現し、喘息のようなゼイゼイした咳が出た。手や足が疼き痛んだので、越婢加朮湯や桂芍知母湯などを与えること、凡そ30日ばかりであったが、全然効果がなく、そのうちに肋骨弓下にも亦1塊を生じた。痰喘、浮腫が日に甚だしくなって、遂に斃れるまで、その塊は消散しなかった
    余もそれがどういう性質のものか判らなかった。記録しておいて後日の参考にし、併せて博雅の士に問いただしたいと思う《荒木正胤》


■黄蓍建中湯
  1. 毒即ち是れ寒、寒を解して毒自ら化するを。火を清して毒愈凝然たり。毒の化が必ず膿に由る、膿の来る必ず気血に由る。気血の化は必ず温に由るなり。豈凉すべけんやと。この説、まさに「黄蓍建中湯」を用いる指針とすべし《雑病翼方》


■桂枝茯苓丸
  1. 虚実中間証
  2. 下腹部に抵抗感、圧痛、顔色悪い、足の冷え



■十味敗毒湯
  1. 実証
  2. 患部が乾燥、分泌液が少ない。
  3. 急性で腫れや痛みがある。
  4. 胸脇苦満


■清上防風湯
  1. 実証
  2. 顔面・頭部の化膿症、
  3. 湿疹、赤みが強く、炎症、赤鼻、赤ら顔


■桃核承気湯
  1. 実証
  2. 下腹部の抵抗感・圧痛、
  3. 便秘、のぼせ、頭痛


■排膿散及湯


■排膿散料




【色彩療法】 <1>オレンジ色 
針灸のつぼ “癰庁やねぶと、その他の腫れ物は養老穴と手の三里”

「手三里」は腫れ物の自然吸収を促進する

「養老」は膿のシンを取る




できもの(出来物)

おでき(boils)
  • ブドウ球菌などが毛孔に感染し、化膿した状態。
  • 誘因
    • 多量の発汗。
    • 皮膚が不潔だった。
    • かゆくてかきむしった

腫瘍」「出来物」 →「発疹




頭瘡
腫瘍
ニキビ
かぶれ
化膿
癰疽
口の中にできもの
手湿疹













draun 
ツムラ番号
治るコム
よく使う漢方薬
ブログ
漢方薬(症状)
呼吸
針灸
自殺
音楽療法
突然死
栄養療法
死因 くすり一覧


 Copyright(C) 丸美屋和漢薬研究所 All Rights Reserved