幻覚性アルカロイド



ドクトルアウン ブログ  東洋医学  よく使う漢方薬 漢方の臨床  なおるかも






幻覚性アルカロイド
イボカイン イボガ
インドール化合物
に多い
南米の原住民が催幻覚飲料としている

(1)N.N-ジメチルトリプタミン(DMT)

(2)ブホテニン(5-ヒドロキシ-DMT)

(3)5-メトキシ-DMT
LSD-25 バッカクアルカロイドで、リゼルグ酸ジメチルアミド
エルギン Ipomoea vialaceaの種子から分離。
「エルギン」
=リゼルグ酸ジメチルアミドであった
ハルミン
ハルマリン
ブルボカプニン ケシ科Bulbocapnos cavusから分離。
150〜200mgの静注で幻覚を引き起こす
メスカリン 5mg/kgで幻覚を生じ、精神的異常は10時間も続く





関連情報 アルカロイド

















    
ドクトルアウン・毒をとってあうんの呼吸で元気にキレイになりましょう 
     漢方薬の選び方 

 よく使う漢方薬
 ブログdraun 東洋医学の考え方


 Copyright(C) 丸美屋和漢薬研究所 All Rights Reserved