ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
カタログ 病名(症状)




十四経絡   1989年、WHOの決定経穴番号です
1 手太陰肺経 (LU)Lung Meridian
2 手陽明大腸経 (LI)Large Intestine Meridian
3 足陽明胃経 (ST)Stomach Meridian
4 足太陰脾経 (SP)Spleen Meridian 
5 手少陰心経 (HT)Heart Meridian
6 手太陽小腸経 (SI)Small Intestine Meridian
7 足太陽膀胱経 (BL)Bladder Meridian
8 足少陰腎経 (KI)Kidney Meridian
9 手厥陰心包経 (PC)Pericardium Meridian
10 手少陽三焦経 (TE)Triple Energizer Meridian
11 足少陽胆経 (GB)Gallbladder Meridian
12 足厥陰肝経 (LR)Liver Meridian
督脈 (GV)Governor Vessel
任脈 (CV)Conception Vessel



奇穴
頭頸部 EX-HN Head-Neck
胸腹部 EX-CA Chest-Abdomen
背部 Ex-B Back
上肢 Ex-UE Upper Extremity
下肢 Ex-LE Lower Extremity



五行色体表


経絡臓腑表裏流注表


井・栄・兪・原・経・合穴


原・郄・ 絡・墓穴


補瀉迎髄


八脈交会穴



八会穴


鍼灸いろは歌


是動病と所生病

河図と洛書


先天図と後天図


六十四卦



鍼のひびき
膈兪BL-17 足太陽膀胱経)に鍼すると
期門LR-14足厥陰肝経 )にひびき、
肝兪BL-18足太陽膀胱経)にうつと
章門
LR-13足厥陰肝経)にゆき、
脾兪
BL-20足太陽膀胱経)にうつと
京門GB-25 足少陽胆経)にゆく。
  • 1つづつ遅れてゆくのです

脾の募の章門(LR-13足厥陰肝経 )
が肝経に入っていることも実にオモシロイです


脾兪(BL-20足太陽膀胱経)
にうつと京門(GB-25 足少陽胆経)すなわち腎の募にゆくのが、これで脾から腎へゆく関係が分かります
(沢田流)




沢田流の基本穴
①足三里 (あしさんり)

②肝兪 (かんゆ)

③気海(きかい)CV-6任脈

④騎竹馬 (きちくば)

⑤曲池 (きょくち)

⑥筋縮(きんしゅく)GV-8 督脈

⑦膏肓(こうこう)BL-43足太陽膀胱経

⑧孔最 (こうさい)

⑨三焦兪 (さんしょうゆ)

⑩二間 (じかん)

⑪臑兪 (じゅゆ)

次髎 (じりょう)

⑬身柱(しんちゅう) GV-12督脈

⑭腎兪 (じんゆ)

⑮心兪 (しんゆ)

⑯太谿 (たいけい)

⑰中脘(ちゅうかん)CV-12任脈

⑱手三里 (てさんり)

⑲天髎(てんりょう)TE-15手少陽三焦経

⑳肺兪 (はいゆ)BL-13足太陽膀胱経

㉑脾兪 (ひゆ)

㉒陽池(ようち)TE-4手少陽三焦経

㉓陽陵泉(ようりょうせん)GB-34足少陽胆経



四総穴
「総」は・・・総括する意

腰従り以て上なる者は、手の太陰陽明皆之を主る。
・腰従り以て下なる者は、足の太陰余梅皆之を主る」《霊枢終始篇》


全身の各部位の病変に対して特別に効果のある手足の経穴をいう

肚腹三里に留め、腰背委中に求む、
頭項列穴に尋ね、面口合谷に収む《針灸聚英》


十二正経と奇経八脈に属する数百の経穴の作用はこの4穴に集約される
  • 合谷LI-4
  • 列缺LU-7
  • 足三里ST-36
  • 委中BL-40




回陽九穴

危篤状態に有るとき、
亡陽証(亡陰症から亡陽症になりかけ)のときに、九鍼を施すことで回陽救逆を可能にし、生命の危機を救うことが出来る経
  1. 瘂門(あもん)GV-15
  2. 労宮(ろうきゅう)PC-8
  3. 三陰交(さんいんこう)SP-6
  4. 湧泉(ゆうせん)KI-1
  5. 太谿(たいけい)KI-3
  6. 中脘(ちゅうかん)CV-12
  7. 環跳(かんちょう)GB-30
  8. 足三里(あしのさんり)ST-36
  9. 合谷(ごうこく)LI-4
のすべてを同時に使うことで効果を発揮する。





ハリを刺さされて痛いのは・・・・・
ツボを間違えて刺しているからです。
正しい経穴に打ったハリは痛く感じません。


(切皮痛は無いのが普通)
腕のいい鍼灸師を見分ける簡単な方法ですよ。



どの穴でもそうだが、本で示されたのは健康な狂いの無い体についてのことだから、病体とは合わぬことが多いのです


病気ということは
くるいがあると言うことだから、くるった体はくるったように穴をとる必要が出てくる
のです
(沢田流針灸神髄)



針灸治療で脳の血流が改善する
東京都老人総合研究所は、針灸治療で脳の血流が改善する仕組みを動物実験で解明した。
同研究所の内田さえ主任研究員らは、ラットにハリや灸を施術し、脳の血流がどのように変化するかを調べた 


(ハリ)
・・・ ほおにハリを打ち1分後に調べたところ、脳の血流は1~2割増えた

ハリを打つ部位を手や足に変えてもほぼ同様の結果になった。



・・・
灸をして30秒後に、脳の血流が約1~2割改善した。

脊髄につながる顔や手足の神経を途中で遮断したラットを使って、同じ実験をすると、血流の改善は見られなかった。


血流が増えたラットを調べたところ、
大脳皮質から分泌される『アセチルコリン 』が針や灸の刺激で約2倍に増えていた


アセチルコリン
には血流を増やす働きがある。

内田主任研究員は「手足や顔への刺激による興奮が神経を伝わって脳内の別の神経に伝わり、アセチルコリンの分泌を促した」と語る。


針灸治療では、脳卒中に伴う言語障害の症状が改善する事例も報告されるなど、脳の血流改善に効果があると言われている



針治療で痛みが軽減するメカニズム
2010年、米ロチェスター大学などのチームは、はり治療で痛みが軽減される仕組みの一端を解明した。

はり治療により、患部でアデノシンという情報伝達物質が分泌される


アデノシンが神経にある受容体と結合すると、痛みの信号が小さくなる。


(マウスで実験)
マウスのひざで人間の「ツボ」にあたる部分にはりを刺し、はり治療と同様に小刻みにはりを回した

足に炎症を起こしたマウスで実験すると、痛みの反応が少なくなった。

はりを刺した組織を調べると、アデノシンの濃度が大幅に上がっていた

はりを回さなかった場合や、アデノシン受容体を無くしたマウスでは、痛みの反応は変わらなかった。

研究チームは、はりの回転で組織に小さな損傷が生じ、アデノシンの放出が誘発されて痛みがやわらぐと考えられるとしている

ペン型機器でも効果
  • 超音波を使う
  • 皮膚下約5㍉㍍の点に超音波が収束する。
  • 電池式のペン型で、片手で持てる
  • 東北大学大学院と共同開発。
  • 血流量が増えることを確認



すべてのツボ

脊椎と器官

足の関節

手の関節

漢方の証







ブログ病院ランキング血液検査副作用針灸漢方薬
   
   

Copyright(C) 丸美屋和漢薬研究所 All Rights Reserved