ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。   

  • アロディニア
  • 異痛症

HOME ブログ  治るコム  健康診断 病名(症状 血液検査 医薬品







異痛症
異痛症


手術や感染症などで神経が傷つき、衣服が肌に触れただけでも痛みを感じる『異痛症』の主な原因を国立医薬品食品衛生研究所の井上和秀・代謝生化学部長らが解明した。痛みの情報伝達にかかわる脊髄内のタンパク質が増えるためで、この働きを妨げれば異痛症を治療できる可能性が高いという。



異痛症は


手術やガン糖尿病感染症などによって手足の神経が傷ついて起こる痛覚過敏の一種


一般的な鎮痛剤は効果が無く、現在までのところ有力な治療法は確立していない。


井上部長らの研究チームは、脊髄の中にある『P2X4プリン受容体』と呼ぶタンパク質に注目。このタンパク質が神経障害性の痛覚過敏を示すラットの脊髄で増えていることを確認した。このタンパク質の働きを妨げた結果、痛みを示す行動が減少したという。

研究チームはこのタンパク質が、脊髄内で免疫機能を担う『ミクログロリア』と呼ぶ細胞の中にあることも確認。ミクログロリア細胞が痛みの伝達に関わっていることを明らかにした。
井上部長は「傷ついた神経から漏れ出る物質で脊髄のミクログロリアが活性化し、このタンパク質を盛んに作ることで痛覚過敏が起こるのではないか?」と考えている。


研究チームは今後、痛みの伝達機構などをさらに詳しく分析する。研究成果は2003年8/14付けのネイチャーに掲載






アロディニア
allodynia)

通常では疼痛をもたらさない微小刺激が、すべて疼痛として認識される感覚異常




ギランバレー
しびれ
ムズムズする
感覚異常性大腿神経痛
家族性アミロイドポリニューロパチー








    
ドクトルアウン  ツムラ番号
治るコム よく使う漢方薬
ブログdraun 漢方薬(症状別)
呼吸 針灸
自殺 音楽療法
突然死 栄養療法
死因 くすり一覧


 Copyright(C) 丸美屋和漢薬研究所 All Rights Reserved