感電死
 死因

心室細動などの不整脈

呼吸筋麻痺

外傷性ショック

熱傷

筋挫滅症候群

動脈壁の部分的壊死による遅発性の出血

高所作業中の転落や路上転落による外傷



感電死への要因 
 *交流電流が危険。
  • 家庭用交流電圧は致死性の心不整脈や呼吸筋硬直を起こしうるので危険。
  • 直流や高周波は、比較的安全。

*電圧は一般に高圧が危険だが、家庭用の100Vで死ぬ

*15〜50mAでは筋肉のケイレンのためにつかんだ電線を離せずに死ぬ(不随意電流)。


*50mA以上では心室細動のために急死することが多い。




人体側の要因
皮膚が濡れている

心臓や呼吸筋に通電する

接触面積が広い

既往歴がある場合










死体所見
*普通、所見が乏しく自殺・他殺・事故の鑑別が難しい。 

*偽装殺人は見逃されやすい 


*“電流斑”
  • は電流の流入部や流出部に見られるジュール熱により生じる。


*“電流痕”
  • は皮膚の血管に沿う通電による火傷、および、血管麻痺による樹枝様紋様である。






#カミナリ
  • ゴロゴロと聞こえた段階で、危険範囲に入っている。
  • カミナリは水平方向に10`bしか聞こない。
  • 遠くで鳴っているようでも10`b以内。

(予防)
  • アナログラジオを持って行く。
  • 50`b先のカミナリをとらえる。
  • 雑音が出る。









突然死
電流
不整脈
心室細動
解離性大動脈瘤
めまい






2006から続くnaoru.com/  |ブログ(draun)ブログ(google)通販カタログ副作用 |
   
   

Copyright(C) 丸美屋和漢薬研究所 All Rights Reserved