ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP




血管炎



HOME ブログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)






血管

自己免疫疾患

川崎病

老化




血管炎の種類
太い血管
に起きる
太い血管の先につながる臓器全体が損傷を受ける。

大動脈炎症候群(高安動脈炎)

側頭動脈炎
中程度
血管

に起きる
結節性多発動脈炎
細い血管
に起きる
細い血管でも肺や腎臓がおかされると臓器不全になる。
神経が傷つけばマヒなどが残る。


アレルギー性肉芽腫性血管炎

ウェゲナー肉芽腫症

悪性関節リウマチ

顕微鏡的多発動脈炎









vasa vasorum
小さな血管は中を通っている血液によって血管自身への栄養供給とガス交換が可能だが、大きい血管は血管壁が厚いためにそれが無理。

そのために血管を養うための血管が必要になる




脈菅、主に血管やリンパ管の炎症

膝から下に発疹が出る。

かゆみは無く、痛みがある発疹。

血管炎を起こしている場所で症状は異なる。


(副作用で血管炎を引き起こす医薬品)
  • 「テグレトール」トーワキサン「ノフロ」「バクシダール」





病因にかかわらず各種血管に生じる炎症性疾患の総称。

血管の炎症および壊死をきたす。

臨床症状は、全身性炎症症状と血管の部位による虚血症状などに分けられる


初期症状・・・発熱と痛みが数週間続く。
  1. 38℃を超える高熱が出る
  2. ふしぶしや筋肉が痛む
  3. 体のだるさ。








動脈・静脈を育てる
RNA干渉を応用

2010年、東京都臨床医学総合研究所と都立駒込病院などのチームは、体内で動脈 静脈 を育てる技術を開発した。遺伝子を組み込む従来法に比べ、自然にできた時と同じ丈夫な血管が多数伸びてくる。

特定の遺伝子の働きを抑える技術「RNA干渉」を応用した。

都の臨床医学総研の芝崎太副参事研究員らは、乳ガンに関連する遺伝子「Int6」が血管の成長に必要なタンパク質の産生を抑えていることを突き止めた。

新技術は、この遺伝子の働きを弱める。
  • RNAの断片を細胞に導入し、「Int6」のRNAに結合させる。マウスの実験では、RNAを注射すると、5日後に約10倍の量の静脈が伸びてきた。壁の構造も普通の血管と同じだった。
  • 同様の実験を皮膚を傷つけたマウスで試すと、キズの治りが早かった。
  • 血管が伸びて、キズを修復したとみられる。
  • RNAは数日もすれば細胞の中で分解されてしまう。





ANCA関連血管炎(AAV)
全身の微小な血管に炎症が生じる。

発症のブレーキ役となるタンパク質を大阪大学のチームが特定した。

AAVは血中にANCAという抗体ができる難治性疾患の総称。
白血球の一種である好中球が異常に活性化することが原因と見られている。
国内患者数は・・・約1万人

発熱や体重減少、臓器障害を生じる。

AAVの患者の血中では、通常は好中球の膜に存在する「セマフォリン4D」というタンパク質が酵素によって膜から切り離されていることが分かった。


実験では、マウスの遺伝子を改変してセマフォリン4Dを無くすると、血管炎の症状が悪化した。




関連情報 血管」「自己免疫疾患」「川崎病」「老化













    
ドクトルアウン         ツムラ番号
治るコム よく使う漢方薬
ブログdraun 漢方薬(症状別)
呼吸 針灸
自殺 音楽療法
突然死 栄養療法
死因 くすり一覧


 Copyright(C) 丸美屋和漢薬研究所 All Rights Reserved