気痛の漢方薬















気痛の漢方薬
◎人体の元気は臓腑の間を循環しているが、七情・飲食で痰鬱の状態になると、気痛を起こす。

(1)初期には、辛温薬で開鬱・行気豁痰・消積させる

(2)長期でこじれると、辛寒薬で静めながら根を切る。
 

<1>上焦に気が溜まって心・胸に疼痛が起きると、
    1.枳橘湯
    2.蒼莎丸
    3.桔梗枳殻湯

 <2>腹部・背が痛むとき、
    1.神保元
    2.撞気阿魏丸
    3.木香破気参

  <3>下焦に溜まって、腰痛を起こしたら、
    1.蟠葱散
    2.木香順気丸
    3.木香檳榔丸

 <4>気が外部に溜まり、全身の疼痛・浮腫。
    1.三和散
    2.五皮飲
    3.流気飲子
    4.木香流気飲

 <5>気痛一般に
    1.烏沈湯
    2.神仙沈麝元
    3.一粒金丹
    4.復元通気散
    5.小烏沈湯








⇒七情[喜・怒・憂・思・非・驚・恐]の鬱結・痰湿の阻滞・飲食労傷などで気が滞り疼痛する。

上焦では心臓・胸部、
中焦では腹部・季肋部に刺痛があり、
下焦では腰部が痛む。

又、全身に痛みが動き、浮腫を伴うこともある。
漢方薬あれこれ
一粒金丹
烏沈湯
枳橘湯
桔梗枳殻湯
三和散  
小烏沈湯
神仙沈麝元
神保元
清膈蒼沙丸
撞気阿魏元
幡葱散
復元通気散
木香順気丸   
木香破気散
木香檳榔丸   
木香流気飲
流気飲子











    
ドクトルアウン         ツムラ番号
治るコム よく使う漢方薬
ブログdraun 漢方薬(症状別)
呼吸 針灸
自殺 音楽療法
突然死 栄養療法
死因 くすり一覧


 Copyright(C) 丸美屋和漢薬研究所 All Rights Reserved