血清タンパク質:以下の2種類があります。

@水に溶けない・・・(繊維状タンパク)
  1. コラーゲン
  2. ゲラチン
  3. エラスチン

A水に溶ける・・・・・球状(globulor)タンパク
  1. アルブミン
  2. αグロブリン
  3. βグロブリン
  4. γグロブリン=(免疫グロブリン)
    • IgG(免疫グロブリンG)
    • IgM
    • IgA
    • IgD
    • IgE⇒アレルギーの原因物質




グロブリン globulinは
@多くの血漿タンパク質の総称である。

A電気泳動によって大まかにα1、α2、β、γに分けられ、それぞれがさらに何種類かのタンパク質を含んでいる。

Bα1、α2、β-グロブリンは肝臓で作られ、i生理活性物質と結合してそれらを運搬する役目を担っている。

Cα1-グロブリン
  • には、甲状腺ホルモン結合グロブリンやα1-リポタンパク質がj含まれる。

Dα2-グロブリン
  • には、ハプトグロブリン、セルロプラスミン、α2-マクログロブリンがある。

Eβ-グロブリン
  • には、トランスフェリン、ヘモペキシン、β-リポタンパク質がある

Fγ-グロブリン
  • は、免疫グロブリンであり、細網内皮系やリンパ節で作られる。



(免疫グロブリン)=抗体
@ IgG
(免疫グロブリンG)
血清中にあって病原菌の働きを抑え、解体工場への運び屋の役割
A IgM
(免疫グロブリンM)
五量体を形成している抗体。
病原菌やウイルスに感染したときに最も早く出現する
B IgA
(免疫グロブリンA)
腸管でつくられる
体中の粘膜組織に配られる
口から侵入し、腸に達した病原菌をやっつけるバリケード。
C IgD
(免疫グロブリンD)
働きは不明
D IgE
(免疫グロブリンE)
アレルギー反応を起こす抗体




血液中には様々なタンパク質が循環しており、栄養の補給や物質の輸送、免疫などに重要な働きをしています。

タンパク質は大きく、   に分けられ、さらに、グロブリンは
  • 「α1」
  • 「α2」
  • 「β」
  • 「γ」
  の4つに分けられ、種々のタンパク成分が含まれます。


総タンパクが増えるのは、
タンパク質のうち、γグロブリンの増えていることがほとんどです。


その原因には、
  • ◇γグロブリンに含まれるタンパク質の1つの成分が増えているのか?、
  • ◇複数の成分が増えているのか?
   を検査で調べる必要があります
  1. 1つの成分のみ増えるのは、免疫グロブリンの1成分が増えていることが多く、
    • 「多発性骨髄腫」
    • 「原発性マクログロブリン血症」
    などが考えられます。
  2. 一方、複数の成分が増えるのは、
    • 「慢性肝炎」
    • 「肝硬変」
    • 「慢性炎症」
    • 「膠原病」
    • 「悪性腫瘍」
    などです。
これらの原因を区別するには、症状や他の検査所見の有無が参考になります。自覚症状が無く、他の検査で異常が見つからなくも、重篤な病気のことがあり得ます。
(奈良信雄・東京医科歯科大学大学院教授)


電気泳動によってα・β・γに分ける。

TiseliusとKabatは、肺炎球菌多糖体で免疫したウサギの血清を抗原で吸収する実験を行い、抗原吸収前・抗原吸収ー抗原抗体沈降物除去後の血清の電気泳動像を比較した。

抗体を抗原で吸収沈降させた後の血清ではγグロブリン分画が著明に減少しており、抗体はγグロブリンであることを示した
(抗体=タンパク質





血清タンパク質
水に溶けない
繊維状
タンパク質
コラーゲン
ゲラチン
エラスチン
水に溶ける
球状
タンパク質
アルブミン
グロブリン
  1. αグロブリン
  2. βグロブリン
  3. γグロブリン
    • (ガンマグロブリン)
    • (免疫グロブリン)
    1. IgG(免疫グロブリンG)
    2. IgM
    3. IgA
    4. IgD
    5. IgE・・・アレルギーの原因物質


免疫グロブリンE(IgE)
アレルギー反応の原因となるタンパク質。
免疫グロブリン(Ig)の基本はY字形をしている。
体内に侵入した異物(ウイルスや細菌)を排除する抗体として働き、G、A、M、D、Eの5種類があることを1966年に石坂夫妻が見つけた。

IgEは、もともとダニなどに取り付いて排除する防御機能としてからだに備わっている。


免疫グロブリン(Ig)の検査
IgG
(免疫グロブリンG)

870〜1700mg/dL
↑↑ 「IgG骨髄腫」
膠原病
慢性肝炎
肝硬変
「原発性免疫不全症(Bruton型・Swiss型)」
「ネフローゼ」
・主に二次免疫応答において産生される抗体
・「補体結合能」「皮膚感作能」「リンパ球」「単球」「血小板」などのFcレセプターに対する結合能に重要。
・母児免疫に重要。
IgA
(免疫グロブリンA)

110〜410mg/dL
↑↑ 「IgA骨髄腫」
膠原病
肝硬変
・血液中および外分泌液中に存在し、粘膜感染における局所免疫反応に重要。
IgM
(免疫グロブリンM)
♂33〜190mg/dL
♀46〜2690mg/dL
↑↑ 「原発性マクログロブリン血症」
・一次免疫応答の産物。
・免疫の初期に重要。
IgD
(免疫グロブリンD)

9mg/dL以下
「IgD骨髄腫」
・血清中に低濃度存在する。
・「DNA」「インスリン」「ジフテリアトキシン」などに対する抗体活性が認められる。
IgE
(免疫グロブリンE)

100〜200IU/mL以下
↑↑ 「寄生虫疾患」
「アトピー性喘息」
アレルギー性鼻炎
アトピー性皮膚炎」などのアレルギー性疾患。
Fc部分などを介して好塩基球やマスト細胞などの同種細胞と結合し、アレルギー反応を生じる。
・免疫グロブリンは
Bリンパ球で産生され、体液性免疫の中心的役割を果たす抗体の総称。
  1. 「自己免疫疾患」
  2. 「免疫不全症」
  3. 「感染症」
  4. 「腫瘍」
などに関連する。

@M蛋白の精査の場合・・・IgG、IgA,IgMの3つを同時に測定する。
  • 骨髄腫では、1つのクラスの免疫グロブリンのみが高値となり、他の2つの正常免疫グロブリンは著しく低値となる


AIgMは、
・・・・骨盤通過性が無いため、新生児の血清濃度の上昇は子宮内感染を示唆する。
  • IgMは抗原刺激によって最初に産生されるが、IgGが産生されはじめるとIgMの産生は低下し、半減期も5日と短いのでIgMの増加は一過性である

BIgAは、
・・・・唾液、涙液、鼻汁、乳汁などの分泌液に高濃度に含まれており、粘膜などの局所免疫に関与すると考えられている




免疫グロブリン・・低値
疾患名 IgG IgA IgM
無γ-グロブリン血症(Bruton型) ↓↓ ↓↓ ↓↓
ataxia telangiectasia
選択的IgA欠損症 ↓↓
Wiskott-Aldrich症候群
伴性高IgM血症候群 ↓↓ ↓↓




免疫グロブリン・・高値
疾患名 IgG IgA IgM
多発性骨髄腫 ↑↑↑
原発性マクログロブリン血症 →or↓ ↑↑
本態性M蛋白血症 →or↓ →or↓
IgA腎症
感染症の急性期
多クローン性増加




免疫グロブリン製剤
(製剤)/(商品名) (適応)









人免疫グロブリン

「“化血研”ガンマーグロブリン」
「ガンマグロブリン-ニチヤク」
「グロブリン-Wf」
「人免疫グロブリン」
「人免疫グロブリン日赤」
「ベリグロビンP」
・無又は低ガンマグロブリン血症
・麻疹
・A型肝炎
・ポリオ
乾燥イオン交換樹脂処理人免疫グロブリン

「ガンマガード」
・低ならびに無ガンマグロブリン血症
・重症感染症に
乾燥pH4処理人免疫グロブリン

「サングロポール」
・低ならびに無ガンマグロブリン血症
・重症感染症に
・特発性血小板減少性紫斑病
pH4処理酸性人免疫グロブリン

「ポリグロビンN」
・低ならびに無ガンマグロブリン血症
・重症感染症に
特発性血小板減少性紫斑病
川崎病の急性期
ポリエチレングリコール処理人免疫グロブリン

「献血ヴェノグロブリン-IH」
「ヴェノグロブリン-IH」
「献血グロベニンI-ニチヤク」
・低ならびに無ガンマグロブリン血症
・重症感染症に
特発性血小板減少性紫斑病
川崎病の急性期
・慢性炎症性脱髄性多発根神経炎
乾燥ペプシン処理人免疫グロブリン

「ガンマ-F」
「ガンマ・ベニンP」
「献血静注グロブリン」
・低ならびに無ガンマグロブリン血症
・重症感染症に
乾燥スルホ化人免疫グロブリン

「献血ベニロン」
「ベニロン」
・低ならびに無ガンマグロブリン血症
・重症感染症に
特発性血小板減少性紫斑病
川崎病の急性期
ギランバレー症候群










乾燥抗D(Rho)人免疫グロブリン

「抗Dグロブリン」
「抗D人免疫グロブリン-Wf」
抗HBs人免疫グロブリン

「乾燥HBグロブリン」
「抗HBs人免疫グロブリン」
「ヘパトセーラ」
「ヘブスブリン」
・HBs抗原陽性血液汚染後のB型肝炎
・新生児のB型肝炎予防
ピリエチレングリコール処理抗HBs人免疫グロブリン

「静注用ヘブスブリン-IH」
・HBs抗原陽性血液汚染後のB型肝炎
抗破傷風人免疫グロブリン

「テタガムP」
「テタノセーラ」
「テタノブリン」
「破傷風グロブリン」
・破傷風
ポリエチレングリコール処理抗破傷風人免疫グロブリン

「テタノブリン-IH」
・破傷風
・重症の外傷
・熱傷(第V度)
抗ヒトリンパ球ウマ免疫グロブリン

「アールブリン」
・腎移植の拒絶反応
抗ヒト胸腺細胞ウマ免疫グロブリン

「リンフォグロブリン」
・再生不良性貧血
抗ヒトTリンパ球ウサギ免疫グロブリン

「ゼットブリン」


関連情報 抗体
免疫
タンパク質
血液検査
アミノ酸
アレルギー
川崎病











    
ドクトルアウン・毒をとってあうんの呼吸で元気にキレイになりましょう 
    東洋医学の考え方

漢方薬の選び方
 ブログdraun
よく使う漢方薬
 ツムラ番号   漢方処方3000


 Copyright(C) 丸美屋和漢薬研究所 All Rights Reserved