尿素サイクル異常症




小児のびょうき

尿検査





尿素サイクル異常症
  • 治療薬「フェニル酪酸ナトリウム」
  • 尿素サイクル異常症は、アンモニア を尿素に変える代謝経路の遺伝子欠損が原因。
  • 血中アンモニア濃度が上昇、意識障害や呼吸障害が起きる。
  • 出生児の4万6千人の1人が乳幼児期に発症するとされる。
  • フェニル酪酸ナトリウムは体内でフェニル酢酸ナトリウムとなり、窒素を含むグルタミンと結合して尿として排出される。
  • アンモニア生成量を減らし症状を抑える。
  • 2012年、承認申請した。












    
ドクトルアウン         ツムラ番号
治るコム よく使う漢方薬
ブログdraun 漢方薬(症状別)
呼吸 針灸
自殺 音楽療法
突然死 栄養療法
死因 くすり一覧


 Copyright(C) 丸美屋和漢薬研究所 All Rights Reserved