悪風








かぜ

さむけがする

悪寒




悪風(おふう)
悪風
  1. さむけのこと
  2. 風に当たると寒気がし、 風がなくなれば寒気を感じない。
  3. 悪風とは、風を悪むの意で、風にあたると違和感を覚えるのをいったものである 《大塚敬節》
    • 外気にふれたり、風にあたったりしたときにだけ、不快な違和の感じがするという。悪風は太陽病のときにみられる症状である。
    • 《傷寒論》に“太陽病、発熱汗出で悪風、脈緩の者は名づけて中風となす”とある。
    • 下剤を用いるのは禁忌。





悪風の漢方薬
  1. 越婢加朮湯
  2. 桂枝加黄蓍湯
  3. 桂枝加葛根湯
  4. 桂枝加厚朴杏仁湯
  5. 桂枝湯
  6. 桂枝加芍薬湯
    1. 此方に附子を加えて、桂枝加芍薬附子湯と名付ける。桂枝加芍薬湯の証にして、悪寒する者を治す。又、腰脚攣急し、冷痛、悪寒する者を治す《類聚方広義》

  7. 桂枝人参湯
  8. 小柴胡湯
    • 悪風して時に発熱し、気鬱し、胸満感あり、汗出でて尿利減少する証《奥田謙蔵》
  9. 防已黄蓍湯









    
ドクトルアウン         ツムラ番号
治るコム よく使う漢方薬
ブログdraun 漢方薬(症状別)
呼吸 針灸
自殺 音楽療法
突然死 栄養療法
死因 くすり一覧


 Copyright(C) 丸美屋和漢薬研究所 All Rights Reserved