情報TOP




おりもの





不安
ストレス
帯下







おりもの( こしけ、帯下)は、膣や頸管から分泌される粘液を指します。
排卵期の前後に透明な液の分量が増えますが、これは女性ホルモンのエストロゲンの働きです。

成人女性には誰にでもある生理現象ですが、量が急に増えたり、臭いがあったり、白く濁ったりするのは異常と判断します。
一般に膣内は酸性に保たれているので、人体に住みついている常在菌以外の細菌は生存できない。

しかし、炎症を引き起こす菌が入ったり環境の変化でおりものの量が増え、それに伴ってカユミ・痛み・灼熱感などが生じることがあります。

膣炎・子宮頸管炎などがあります。
加齢によるホルモン不足

カンジダ膣炎・・・
  • ポロポロした白いおりものが出て強いカユミがあります。

トリコモナス・・・・
  • ミルクに似たおりもので、チクチクしたかゆみ。

細菌性乳炎・・・・
  • 特徴無し

クラミジア頸管炎・・
  • 特徴無し









    
ドクトルアウン         ツムラ番号
治るコム よく使う漢方薬
ブログdraun 漢方薬(症状別)
呼吸 針灸
自殺 音楽療法
突然死 栄養療法
死因 くすり一覧


 Copyright(C) 丸美屋和漢薬研究所 All Rights Reserved