黄色腫






高脂血症







黄色腫
脂質の沈着によって皮膚に出来る黄色を帯びた盛り上がった斑点状の発疹。
高脂血症にみられることが多い
  1. 原発性胆汁性肝硬変で高コレステロール血症が持続するとコレステロールが皮膚に沈着して生じる。両上眼瞼内則に認めることが多い。
  2. 脂質の沈着は皮膚のみだけでなく、腱鞘、血管壁、網内系細胞などにも見られる





黄色腫の分類
扁平性黄色腫
発疹性黄色腫
斑状黄色腫
眼瞼黄色腫
結節性黄色腫
腱黄色腫
手掌黄色腫
足底黄色腫







リポタンパクと黄色腫
  • 高リポタンパク血症T型:
    • 「皮膚・口腔粘膜」
  • 高リポタンパク血症U型:
    • 「アキレス腱、手足の伸側、肘、膝、臀部、眼周囲」
  • 高リポタンパク血症V型:
    • 「腱と結節性の両方、手掌の皺、指先」
    • 「黄白色の小さい沈殿物」
  • 高リポタンパク血症W型:
    • 「発疹性が多い」
  • 高リポタンパク血症X型:
    • 「発疹性のものが、膝、肩、背に」








    
ドクトルアウン         ツムラ番号
治るコム よく使う漢方薬
ブログdraun 漢方薬(症状別)
呼吸 針灸
自殺 音楽療法
突然死 栄養療法
死因 くすり一覧


 Copyright(C) 丸美屋和漢薬研究所 All Rights Reserved