ドクトルアウン,ドクトル、アウン、、







TOP ブログ  治るコム  よく使う漢方薬 漢方の臨床








マラリア



キニーネ  quinine
  1. キニーネは、キナ皮に含まれるアルカロイド(キノリンの誘導体)
  2. 白色の微晶質の粉末で、強い苦味、水に溶けにくい
  3. キニーネの塩が100種類以上知られている。これらは水に溶けやすい。

歴史
  • 1816年、ロシアで発見された。
    1820年、フランスの薬剤師が純粋な形で抽出。
    1907年、キニンとその仲間のアルカロイドの組成と構造が確認
    1945年、初めて合成された





キニーネの効能効果
  1. マラリアの特効薬
    • マラリアの病原虫に対して特異的に毒性を示す
  2. 堕胎剤として使われる


キニーネの【毒性】
  1. キニーネはプロトプラズマ毒で、体温調節中枢、大脳皮質に作用する。
  2. 呼吸と心臓の麻痺によって死に至る(2g〜17g)
  3. 過剰投与で中毒を起こし、以下の症状を示す
    1. 重い感じ
    2. 興奮
    3. めまい
    4. 失明
    5. 体温の低下
    6. 心臓・脈管の不全
    7. 肝炎
    8. 腎炎








    
ドクトルアウン         ツムラ番号
治るコム よく使う漢方薬
ブログdraun 針灸
自殺 音楽療法
突然死 栄養療法
死因 くすり一覧


 Copyright(C) 丸美屋和漢薬研究所 All Rights Reserved