ドクトルアウン,ドクトル、アウン、、



川芎



TOP ブログ  治るコム  よく使う漢方薬 漢方の臨床





処方名 [川芎]センキュウ

中国原産で、日本でも栽培される多年草、セリ科センキュウの根茎。
(根を除き、湯通しして乾燥する)
セリ科Umbelliferae
川芎igusticum wallichii French.の根茎

は辛、性は温。 (温補潤升散)

肝・胆・心包経。

活血化瘀薬


川芎性温止頭疼 養新生血開鬱升
味温、能く頭疼を止め、新生血を養い、鬱を開き上行す




(活血・調経・鎮痛・鎮痙・去風・止痛)
◎活血行気、去風止痛
   <1>月経不調
   <2>頭痛
   <3>胸脇脹痛
   <4>痺痛拘攣
   <5>癰疽

◎補血、強壮、鎮静、鎮痛剤。

◎貧血性の瘀血、冷え性に。

◎産後の後陣痛に「赤砂糖で服用」=「独聖散」

◎吐・衂・便・尿一切の失血を治す。
  • 「煎じても。散薬でもよい。」

◎崩漏を治す。「煎じ・末服」

◎血崩を治す。
  • 「1両を切って酒5盃に煎じて1杯になると滓を去り、生地黄汁1杯を入れ2回煎じて3回に分けて服用。」

◎風邪のために頭痛。「煎・末服。」

◎鼻水に多い症。「煎・末服。」

◎卑湿な風気を除去する。

アルギニン:[0.8%]
精油:フタリド類







<1>鎮痙作用

<2>鎮痛作用

<3>降圧作用

<4>冠状動脈の血流量を増加する。

<5>下肢の血流量を増加する。

<6>抗菌作用

<7>抗真菌作用

<8>ビタミン欠乏症に対する拮抗作用

○単服に宜しからず。久服すれば人をして暴亡せしむ。
《万病回春》

★「」が本名であるが、四川省産品が品質が良いところから、「川芎」と称するようになった。
★魚釣りのエサに川芎を混ぜると良く釣れる。
★松の木が枯れそうになった時の起死回生の薬。






川芎(せんきゅう)の薬能&出典
《神農本草経》
  • 中風脳に入りて頭痛し、寒痺によりて筋攣緩急し、金瘡し、婦人の血閉して子無きを主る
《薬性提要》
  • “風湿脳に入り、頭疼寒痺を治す。血を補い、燥を潤す
《古方薬品考》
  1. “その気味辛温にして、芳烈也。故に飢え、頭脳に達し、下、瘀血を破り、気血を順らすの能有り。以て頭痛、腹中㽲痛、経閉、諸々の瘡毒を療す”
  2. “上達、瘀を破り、血を順らす”
《古方薬議》
  1. 味辛温、頭痛、金瘡、血閉、心腹の堅痛、半身不随、鼻洪及び溺血を主どり、膿を排し、気を行らし、欝を開く
  2. 血分に走る”
《李杲》
  • 頭痛には必ず川芎を用い、それでも癒えぬときは、各引経の薬を加える。それには、太陽には羗活、陽明には白芷、少陽には柴胡、太陰には蒼朮、厥陰には呉茱萸、少陰には細辛を加える
《中薬大辞典》
  1. 気を行らし、鬱を開き、風を去り湿を燥し、活血止痛す
  2. 冷風による頭痛旋暈、胸痺腹疼、寒痺筋攣、閉経、難産、産後の癰疽塊痛、瘀疽、瘡を治す




『川芎+延胡索』
『川芎+菊花』
『川芎+赤芍』
『川芎+山楂子』
「川芎+大黄』
『川芎+天麻』
『川芎+当帰』
「川芎+白芷』
『川芎+防風』
漢方薬  温経湯
芎帰膠艾湯
酸棗仁湯
続命湯
当帰芍薬散

四物湯
温清飲
荊芥連翹湯
柴胡清肝湯
当帰飲子
疎経活血湯
七物降下湯
十全大補湯
大防風湯
抑肝散
防風通聖散
五積散
女神散























温経湯 2 2 2 3 3 3 2 2 2 2 2 2
芎帰膠艾湯 2 3 4 6 2 2 3
四物湯 3 3 3 3
当帰芍薬散 3 3 6 4 4 5
酸棗仁湯 3 1 15 3 5








    
ドクトルアウン         ツムラ番号
治るコム よく使う漢方薬
ブログdraun 針灸
自殺 音楽療法
突然死 栄養療法
死因 くすり一覧


 Copyright(C) 丸美屋和漢薬研究所 All Rights Reserved