ドクトルアウン,ドクトル、アウン、、


肥大型心筋症
(HCM)




TOP ブログ  治るコム  よく使う漢方薬 漢方の臨床


特発性心筋症
肥大型心筋症
拡張型心筋症
不整脈原性右室心筋症
心筋症
突然死
ファブリー病
C型肝炎
心室細動






肥大型心筋症
(HCM)
:Hypertrophic Cardiomyopathy
以下の症状を特徴とする心疾患

  1. 左心室、ときに両心室の肥大
  2. 拡張期弾性低下
  3. 非対称性の中隔肥厚
  4. 心筋肥大
  5. 錯綜配列

左心室流出路障害を伴うものや、遺伝性もある。

症状の進行は、一般に緩除。

突然死を解剖したときに見つかることがある。
検査

胸部X線・・・軽度心拡大、左四弓の突出
心電図・・・・左側高電位差、高度のST-T変化
UCG:
   ・高度の心肥大(特に中隔壁の肥厚)
   ・三尖弁逆流から右室圧上昇
心カテーテル:
   ・左室拡張期末期圧の上昇
   ・左室流出路圧較差
   ・右室肺動脈圧の上昇
心筋生検


新しい切除法

2012年、国立循環器病研究センターの小林順二郎部門長らは、息切れや胸痛に苦しむ難病、肥大型心筋症の一部の患者向けに、新しい手術法を実施した。

弁を切らないため人工弁に置き換える必要が無い。

対象となるのは、心室の出口が狭くなった「閉塞性」と呼ぶタイプの一部。

心筋が肥大したために主に左側の心室の空間が狭くなり、心房から心室に血液が流れ込みにくくなる。新しい手術法は左心室を切り開き、肥大した心筋を正常な心臓と同じサイズにまでメスで焼き切る。

5月下旬に40代の男性患者に実施。約10日後に退院した。














    
ドクトルアウン         ツムラ番号
治るコム よく使う漢方薬
ブログdraun 針灸
自殺 音楽療法
突然死 栄養療法
死因 くすり一覧


 Copyright(C) 丸美屋和漢薬研究所 All Rights Reserved