ドクトルアウン,ドクトル、アウン、、




強皮症

TOP ブログ  治るコム  よく使う漢方薬 漢方の臨床





膠原病
全身性強皮症
レイノー病
間質性肺炎



強皮症の漢方薬
加味逍遙散四物湯
  1. 種々の精神神経症状のある者に、加味逍遙散四物湯を長期間服用させるということがある(漢方診療医典)

桂枝加朮附湯
  1. 虚証で、レイノー症状、四肢関節の疼痛、腫脹、筋肉痛のある者に用いる(漢方診療医典)

桂枝茯苓丸
  1. 瘀血によるもので、下腹部の抵抗圧痛を訴え、体力のある者に本方がよい。薏苡仁10.0gを加えるとよい(漢方診療医典)

十全大補湯

当帰四逆加呉茱萸生姜湯
  1. 冷え症でレイノー症状があるものに用い、冷えの強い者には加工ブシ。(漢方診療医典)

■薏苡附子敗醬散





強皮症   scleroderma
全身の皮膚が硬くなる。
強皮症には全身性強皮症と限局性強皮症があり、両者は全く異なる疾患。


限局性強皮症
  • 皮膚のみの病気で、内臓を侵さない。

強皮症といえば、全身性強皮症を指すことが多い。



幹細胞移植
間葉系幹細胞
  • 2012年、岡山大学の秋山謙太郎助教らは、骨髄や脂肪組織から取り出す「間葉系幹細胞」の移植が糖尿病やリウマチなど自己免疫疾患の治療につながる仕組みの一端を解明した。
  • 間葉系幹細胞は免疫細胞を死滅させ、過剰な免疫反応を抑えていた
  • 1型糖尿病などの自己免疫疾患は、免疫細胞が体の組織を異物と間違えて攻撃することで起きる。
  • 間葉系幹細胞は骨や筋肉、神経などの細胞になれるが、なぜ治療効果があるのかが不明だった。
  • 移植された間葉系幹細胞は特有のタンパク質を出し、免疫を担っているT細胞を呼び寄せて接触、T細胞を刺激して細胞死を誘導していたことを突き止めた。
  • 人間では、強皮症の患者に幹細胞を移植した後にT細胞が死滅することを確かめた。












    
ドクトルアウン         ツムラ番号
治るコム よく使う漢方薬
ブログdraun 針灸
自殺 音楽療法
突然死 栄養療法
死因 くすり一覧


 Copyright(C) 丸美屋和漢薬研究所 All Rights Reserved