心臓病(3の3) ドクトルアウンの気になる健康情報 会員登録
トップへ戻る病名・症状心臓病(3の3)
«||»次へ
漢方薬あれこれ 桂枝茯苓丸+陳久散
十全大補湯
通導散+陳久散
苓桂朮甘湯
陳久散
【漢方療法】 <1>心臓が緩慢とした症状でつらいとき・・・急いで酒or酢を飲んでしずめる。
<2>心が緩慢でつらいとき:[五味子]を使う。
   心が弱いとき:炒塩で補う。
<3>心病には:小豆・狗肉・李の酸味で抑える。
<4>本味を食べる:麦・羊肉・杏・薤。
<5>心虚には:
      [銭氏安神丸]
      [朱砂安神丸]
      [醒心散]
   慢性には:
      [瀉心湯]
      [導赤散]
      [十味導赤散]
<6>養生:心病には温食と厚着を禁ずる。
(2004年度)心疾患の死亡者(約29万人)
男性 女性
青森 103.6 愛媛 56.3
愛媛 100.9 埼玉 53.8
岩手 97.4 徳島 53.3
全国平均 80.6 全国平均 44.2
沖縄 69.6 佐賀 41.8
福岡 66.5 沖縄 38.8
富山 64.0 富山 37.0
10万人当たりの死亡数
厚生労働省の統計から
●男性:
・配偶者がいる男性・・(90)
・離別した男性・・・・・(271)
・未婚の男性・・・・・・(257)
・配偶者と死別・・・・・(158)
●女性:
・配偶者がいる女性・・・(46)
・離別した女性・・・・・・・(94)
・未婚の女性・・・・・・・(131)
・配偶者と死別・・・・・・・(83)
強心剤 <1>アミノフェリン
<2>安息香酸ナトリウムカフェイン
<3>塩酸エチレフリン
<4>カルニゲン
<5>クテテグスエキス
<6>コリンテオフィリン
<7>ジギトキシン
<8>ジゴキシン
<9>ジプロフィリン
<10>テノパミン
<11>ドカルパミン
<12>ピモベンダン
<13>プロキシフィリン
<14>プロスシラリジン
<15>ベスナリノン
<16>メチルジゴキシン
<17>ユビデカレン:
<18>ラナトシドC
西洋
ユビデカレン
「アコバシール」「アデリール」「イノキテン」「ウデキノン」「エナチーム」「エミトロン」「オムキノン」「カイトロンT」「カルディック・Q」「カルビキノン」「コエンザQ」「コリマゲン」「コロキノン」「サンキノン」「ジャストキノン」「シンキノン」「スキノン」「セノン」「ソラネキノン」「デカス」「デカソフト」「デカレイン」「デカントレン」「トキール」「トリデミン」「ナブロミン」「ノイキノン」「ノイクール」「ハーテノン」「ハートシン」「ビオレイン」「フルパノン」「ユビデカレノン」「ユベ・Q」「ユベキノン」「ヨウビキノン」「ラコビール」「ラサネン 強心剤
ニコチン酸トコフェロール
「エテゾール」「NEソフト」「NEコタニ」「ケントン」「ケントンS」「トコエニン」「トコエヌ」「トコニジャスト」「トコニチン」「ニコ」「ニコチロンE」「ニチEネート」「バナール」「VEニコチネート」「ユベラ」「ユベラNスフト」「ユベラニコチネート ビタミンE剤
デノパミン
「カルグート」 慢性心不全に
アゾセミド ダイアート 浮腫に
ジゴキシン ジゴキシン」「ジゴシン」 心不全に
塩酸ベラパミル
「オルミトール」「マゴチロン」「ラパテラン」「ロシトール」「ワソラン カルシウム拮抗薬系の降圧狭心症に
手術
ポートアクセス法 ・肋骨と肋骨の間を5cmぐらい開き、心臓を薬で止める。
・太ものの血管から人工心肺をつなぐ。
・約5cmの切り口から手術する。
針灸のツボ 「心兪は心臓の要穴。心臓が悪い人は顔が赤くなる。心の華は面に現れる。心は神を蔵する。」《沢田流聞書鍼灸眞髄》
【芳香療法】 ○心臓の筋肉を強化する精油。
ボルネオール・ガーリック・ラベンダー・マージョラム・ペパーミント・バラ・ローズマリー
【民間療法】 ○アオツヅラフジ・アカネ・イチイ・イワタバコ・ウシ・ウナギ・ウメ・ウラジロガシ・エビスグサ・オウレン・オオバコ・オトギリソウ・カニ・キュウリ・キンカン・クララ・ケイトウ・ゲンノショウコ・コイ・コウモリ・ザクロ・シイタケ・シカ・ジギタリス・ジャノヒゲ・ショウブ・スズメ・スッポン・スベリヒユ・セミ・センブリ・ソテツ・ダイコンソウ・タニシ・タンポポ・チャ・ツユクサ・トウモロコシの芯・トチバニンジン・ナメクジ・ニシキギ・ニワトリ・ニンニク・ノキシノブ・ヘチマ・マンネンタケ・モッコク・ヤツデ・ヤマゴボウ・ヤマモモ・マムシ・ミツバチ・モグラ・ユキノシタ・ヨモギ。
○[柿のヘタ+クロマメ]
【宝石療法】 [アンバー][エメラルド][真珠]
トップへ戻る病名・症状心臓病(その3)