ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



夜食で太る


TOP ブログ 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)



サルコペニア肥満

ダイエット 

成長ホルモン

肥満症
 

肥満を呼ぶ遺伝子
 

肥満低換気症候群




夜食
夜食べると太る
・・・・
BMAL1(ビーマルワン)

=DNAに結合し、体内時計が正常に働くよう調節するタンパク質 日本大学の榛葉繁紀専任講師らは、体のリズムを制御する「体内時計タンパク質」の仲間で夜になると増えるタンパク質の一種に、脂肪を細胞内に溜める働きがあることを発見。2005年9月アカデミー紀要に掲載。


(ビーマルワン)
昼間は体内にほとんど無く、午後12時~午前2時にかけて増えるタンパク質『BMAL1(ビーマルワン)』を調べた。
全身に分布しているが、特に脂肪組織に多いことに着目。

遺伝子操作でこのタンパク質を組み込んだマウスの胎児細胞にインスリンを加えたところ、細胞は1週間後には糖を脂肪に変えてため込むようになった。

BMAL1が無い細胞は、脂肪をため込まなかった。
また、脂肪細胞内のBMALlを増やすと、脂肪量が通常の1.5倍に増えた。
BMAL1の作用で、脂肪やコレステロールを合成する酵素が夜10時頃から活発になることも判明。

3時のおやつは食べてもそれほど太らない」(榛葉講師)

BMAL1は午後3時を底に徐々に増え始め、午後10時~午前2時ごろにピークを迎える。

その格差は肝臓などで20倍~30倍。
つまり、夜があけるにつれ、昼間より20倍も脂肪が付きやすい体に変身する。

その理由は、夜間に増加する体内時計を司っている物質の働きで、エネルギーなどの補充に関わっているとみられる。では、夜遅く寝る生活を続ければ、体内時計が順応し、BMAL1が増減する時間帯も変化するだろうか?
1日でも普通の生活(早寝早起き)をすれば、体内時計は普通に戻ってしまう。
また、肥満のひとほど、昼間に減るはずのBMAL1量が高止まりし、太れば太るほど、脂肪が蓄積しやすくなることが分かった



繊維の多い野菜、油っこいものは胃に負担
胃に良いと思う食品 をお母さん・お父さん各100人に聞きました。

お母さんは
  (1)おかゆ、
  (2)煮込みうどん、
  (3)煮魚、
  (4)ゆで卵、
  (5)チーズ。

お父さんは
  (1)チーズ、
  (2)唐揚げ、
  (3)トウフ、
  (4)煮魚、
  (5)サラダ。

正解は?
・人工的に作った胃液に食品を溶かしてみると、
・チーズは大きな固まりでもよく溶ける、
・サラダの生野菜は12時間たっても溶けない。
・鶏のササミはどんどん溶ける。
・鶏の唐揚げはなかなか溶けない。


胃液に含まれている消化酵素はタンパク質しか消化しない。
従ってタンパク質を含まない野菜・果物などはほとんど胃で消化されない。

胃の調子の悪いときは、繊維の多い野菜は胃の負担になるので、避けた方がよい。

逆にチーズや白身魚などの良質のタンパク質は、痛んだ胃壁を回復させる。

また、同じタンパク質でも、調理法によっては消化が悪くなる。生の鶏ササミは胃液によく溶けるが、同じ肉でも唐揚げは油が消化を妨げるので、なかなか溶けない

  • (NHKためしてガッテン参照)




関連情報 肥満に用いる漢方」「サルコペニア肥満」「ダイエット」「肥満症」「成長ホルモン」「肥満を呼ぶ遺伝子」「仮面うつ病」「肥満低換気症候群」「メタボ








なおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬