ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



幽体離脱



HOME ブログ 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)



 体験
2007年、自分の体から抜け出して自分自身を見ている
・・・
そんな「幽体離脱」に近い感覚を起こす実験に英国とスウェーデンの研究チームが成功した。
バーチャリルリアリティー(仮想現実感)技術を用いた。米科学誌サイエンス最新号に発表した。
英ロンドン大学などの研究チームは、被験者の背後にカメラを設置、その映像を被験者にかけてもらった眼鏡型ディスプレーに映し出し、自身の背中側の様子を三次元画像で見えるようにした。
研究者は手に持った棒を、被験者の胸と同じ高さで水平に動かしカメラを近づけ、棒がカメラの視野から消えると同時に、タイミング良く同型の棒で被験者の胸をついた。視覚と触覚の相互作用により、自分の体がカメラの位置にあるような感覚を起こすようにした。
2分間繰り返すと、被験者の多くは

「カメラに近づいてきた棒が自分の胸を触ったような気がした」

「自分自身(の画像)の背後にいるような気分だった」

と答えた。
その後、カメラに向かってハンマーをふるうと、被験者はビクッと体をすくめた。



脳の部位
これは2007年に試された脳部位なんだけど、頭頂葉と後頭葉の境界にある『角回』という部位。

この角回を刺激されるとゾワゾワゾワ〜と感じる。

たとえば1人で夜の墓場を歩いていると、寒気がすることない?
・・・・あります!
それそれ、あんな感じらしい。

角回を刺激すると、
自分のすぐ後ろに、背後霊のように誰かがベターッとくっついている感じがするようなの。
うわーっ、だれかにつけられている。
だれかに見られている。
・・・強烈な恐怖を感じるんだって。



でもね。その実態を丁寧に調べてみると、
自分が右手を上げると、その人も右手を上げるし、
左足を上げてみると、その人も左足を上げる。
座っていると、その人も背後で座っていることがわかる。

これで理解できるよね。そう、実は、背後にいる人間は、ほかのだれならぬ自分自身だ。

要するに、
』は必ずしも身体と同じ場所にいるわけではないってこと

僕らの魂は身体を離れうるんだ。

この例では、頭頂葉を刺激すると、身体だけが後方にワープする。

この実験でおもしろいのは、その「ゾワゾワする」という感覚について尋ねてみると、背後の“他者”に襲われそうな危機感を覚えているという点だ。


これはちょうど統合失調症の強迫観念に似ているね。
これで驚いてはいけない。身体と魂の関係については、さらに仰天するような刺激実験がある。

先ほどの実験と同様に角回を刺激する。

右脳の角回だ。すると何が起こったか?

刺激された人によれば「自分が2メートルぐらい浮かび上がって、天井の下から、自分がベッドに寝ているのが部分的に見える」という。これは何だ?・・・・・幽体離脱。

その通り。幽体離脱だね。


専門的には「対外離脱体験」という。
心が身体の外にワープするというわけ。
(池谷裕二著「単純な脳 複雑な「私」p173〜)



関連情報 幻覚
双極性障害
精神病







TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬