naoru.com


ゼラニウム


ドクトルアウン ブログ  東洋医学  よく使う漢方薬 漢方の臨床 3000処方 





【学名】 Pelargoniu (L'Her.ex Ait)
【英名】 Scentedgeranium(センテッドゼラニウム)
Scented-leaved pelargoniums(センテッドリーブペラルゼラニウム)
【和名】 (ニオイテンジクアオイ)
(ニオイゼラニウム)
(センテッドゼラニウム)
【分類】 フロウソウ科、多年草or半低木。
【原産地】 南アフリカ
【成分】 J精油は、Pelargonium odorantissimumの葉から水蒸気蒸留で抽出します。
美しい淡緑色で香りも「グリーン」なもと評されます。

●精油の成分:
  ゲラニオール
  シトロネラール
  リナロール
  テルピネオール
  アルコール類



 精油
<1>抗ウツ作用

<2>殺菌消毒作用:口腔洗浄剤、咽喉痛、潰瘍

<3>収斂剤

<4>止血剤

<5>副腎皮質刺激剤:

<6>利尿作用:
  • 月経前の過度の体液の滞留を解消する。

<7>リンパ系を刺激する・

<8>排出に価値を発揮する:泌尿器系に疾患

<9>肝臓・腎臓の双方を強化する:黄疸、腎臓結石

<10>鎮静作用はない。
  • 鎮静を期待するときはLラベンダー。

<11>少量で「くつろぎ感」が得られ、すぐれたマッサージ・オイルになる。
  • 2滴を、 大豆油小さじ2杯で薄めて使用。




<1>この精油は、この植物の原産地である南インド洋のレユニオン島にちなんで、「ゼラニウム・ブルボン・ラ・レユニオン」という名で売られている。

<2>鉢植えの「ゼラニウム」は、
実際にはゼラニウムではなく、「ペラルゴニウム」です。


→「アップルゼラニウム」(Pelargonium odorantissimum)
→「カピタツムゼラニウム」(P.capitatum)
→「クロウフットゼラニウム」(P.radens)
→「シトロネラゼラニウム」(P.acerrifolium)
→「ジンジャーゼラニウム」(P.cv.‘Torento’)
→「ナツメグゼラニウム」(P.×fragrans)
→「バルサムゼラニウム」(P.denticulatum)
→「ライムゼラニウム」(P.×nervosum Sweet)
→「レモンゼラニウム」(P.crispum)
→「ローズゼラニウム」(P.graveolens)
→「ペパーミントゼラニウム」(P.tomentosum)






    
ドクトルアウン・毒をとってあうんの呼吸で元気にキレイになりましょう 
     漢方薬の選び方      東洋医学の考え方 

 よく使う漢方薬  
 ブログdraun 漢方処方3000  ツムラ番号


 Copyright(C) 丸美屋和漢薬研究所 All Rights Reserved